スミノフの 犬にロンド 猫にゴハン

スミノフ家のイヌネコヒト7人でお出迎え

メンバー紹介7 にこ

こんにちは、スミノフです。

メンバー紹介は後2人になりました。

長々とお付き合い頂きまして

ありがとうございます。

もう少々よろしくお願い致します。

 

 

 

f:id:suminofv:20180722102746j:plain

 

にこ

2014年4月1日生まれの男の子

保護した場所の地主さんが2歳位だとおっしゃったので、

逆算した日を誕生日に。

 

   旧スミノフ家の近くのバス停は、

古い小さなマンションの前にあり、

マンションの裏手はプチ雑木林です。

 

   2016年の春、

その雑木林が少しずつ伐採されていきました。

すると雑木林だと思っていたのは間違いで、

そこは民家の庭、

もの凄く古い朽ち果てたような平屋が現れました。

そこに成猫3匹がいます。

ですが家もどんどん解体され、

整地され、道路が造られ、

新しい家が2軒建ちました。

でも同じ3匹はまだいます。

少し草はらが残されていて

そこでくつろいでいるのです。

スミノフはバスを待つ間、

彼らを眺めたり話しかけたりしていました。

成猫にしてはやや小さめで痩せっぽちです。

 

   そのうちに一番痩せていた子の姿が見えなくなりました。

どうしたのかと心配していましたら、

一ヶ月くらい経って、

びっくりするほど瘦せおとろえた姿で現れました。

ふらふらしています。

しかし近づけば逃げるのでどうする事もできません。

その子を見るのはそれが最後になりました。 

 

 

f:id:suminofv:20180722222425j:plain

いなくなった子 

   

 

   スミノフは色々な考えから餌やりはしたくないと思っていました。

しかしそんなことを言っている場合でしょうか。

会社から帰宅する夜に餌やりを始めました。

残りの2匹はいつもそこにいるのです。

 

f:id:suminofv:20180722223623j:plain

左がにこ    右はひとまわり小さい子

 

 

    夏が過ぎ、秋になりました。

ある日ご飯を食べさせていると、

後ろから声をかけられます。

 

「この頃やけにコロコロして来たと思ったら餌を貰っていたのね」

 

声の主はこの小さな草はらの持ち主(であり、この辺一帯の地主)の

お嬢さんでした。

 

「餌をやるなら連れて行って貰えませんか」

 

そうでしょうね、そう来ますよね。

 

「この子たちはずっとここにあった古家で代々生きて来ました。

もっとたくさんいたけどやっと2匹になって、もう増えて欲しくないの」

 

その場でTNRを約束し、餌やりを黙認して貰いました。

 

「近所の目もあるので餌やりはこっそりとお願いします」

 

  ちょっと怖い感じの物言いの地主のお嬢さんですが、

後日、大変な猫好きで、深い優しさを持っている方だと

わかりました。そのエピソードはまたの機会に。

 

    その後ボランティアさんに手伝っていただき、

10月の終わりに一匹を捕まえました。

それが「にこ」です。戻すつもりで耳カットをしました。

しかし同じタイミングで

近くの大繁殖場(いわゆる猫屋敷)の猫が一斉にいなくなりました。

誰も何も語りませんが何かあったことは確かです。

戻すのが怖くなりウチに入れました。

 

 

そしてこれから先は語りたくないのですが、

もう一匹はどうしても捕まらず、

半年チャレンジし続けましたが、

結局見捨てることになりました。

スミノフが離婚し家を出て行くことになったからです。

 

 

f:id:suminofv:20180820134310j:plain

 

 

近所一帯にポスティングして、

餌やりが引っ越すことの告知と、

どうか暖かく見守って欲しいという希望を

書きました。

 

にこに守られているような、

にこより一回り小さいこでした。

 

 

ごめんね。

 

 

 

 

 

台風19号、20号と、甚大な被害につながりませんように。