スミノフの 犬にロンド 猫にゴハン

スミノフ家のイヌネコヒト7人でお出迎え

メンバー紹介6 いち

こんにちは、スミノフです。

 

昨日に続き、メンバー紹介をさせて頂きます。

 

よろしくお願い致します。

 

 

f:id:suminofv:20180715230515j:plain

 

いち

誕生日、考えたこと無かったです。

大分県から千葉県に移って、

看取りのつもりで保護した子です。

2014年1月23日に保護し、

2015年10月11日に虹の橋のたもとへ旅立ちました。

享年11歳と10ヶ月(もちろん推定)

 

 

2013年2月に大分県から戻ってきました。

スミノフは就職先が見つからず時間がたっぷりあったので、

家から少し離れた公園へむぎとはちの散歩に行っていました。

そこで出会ったのが「いち」です。

痩せっぽちでひょこひょこ歩く様は、

どこか具合が悪いのか、高齢なのか、

とにかく目に付く存在でした。

 

 いつも同じ場所にいるので挨拶をします。

とくに返事はありませんが、逃げることもありません。

近くには葉っぱのお皿にドライフードがのったものがあり、

えさやりさんがいることがわかります。

 

 

 

f:id:suminofv:20180722221929j:plain

 

 

 

   ある日通りかかると、猫のそばに女性がいて

「病気なんだからウェットのほうがいいのにねぇ」

と言いながら葉っぱのドライフードのとなりに

ウェットフードを盛っていました。

 

    やっぱり病気なんだ・・・

 

 またある日には別の女性が散歩しているそばに

ひょっこり現れて、にゃんにゃんいいながら付いていきます。

「おいで、おやつをあげよう」

 

 基本の食事係とウェット担当とさらにおやつさんまでいる、

みんなに愛されている猫さんでした。

その後スミノフは就職が決まり、

遠い公園にはなかなか行けなくなり、

猫のことも忘れました。

 

 冬になりました。

たまにはあの公園にいってみようかな、と思い立ち、

ワンズを連れて散歩に行きました。

 

 あの猫がいます。

 

見た瞬間スミノフが思ったことは、

「まだ生きていたんだ」でした。

 

記憶の中の猫より痩せて見えます。

その後はとても気になり、

出勤前の犬の散歩は毎朝その公園に行きました。

 

 

 

    白かった色がだんだん薄汚れてきました。

年が明けると手足が真っ黒になり、

口の横がまるで裂けているかのように

また、黒く壊死しているように見えます。

 

 

 

 

f:id:suminofv:20180722201108j:plain

保護する半月前くらいの写真です。

 

   元夫に相談しました。

彼の意見は「その子にはその子の猫生がある。

今終着駅向かっているとしても

そっとしておくのがその子の尊厳を

守ることになるのでは?

愛してくれるひともいるのでしょう?」でした。

 

 

 

    毎朝そこに行くと薄暗いのににゃーんと言いながら

猫はやって来ます。ああ今日も生きていてくれた。

 

   

    しかしそのうちドライフードもウェットフードも

手付かずのままその場に放置されるようになりました。

フードの前にうずくまっていることはありますが、

でも食べた形跡はありません。

もう食べられないようです。

 

 

f:id:suminofv:20180722201238j:plain

 

   

 

    朝の散歩が気の重いものになってきました。

今日は生きているのか?

霜がおりた遺体を見つけることになるのではないか?

多分もうそんなに長くはないだろう。

遺体を見るのも辛いけど、

ある日を境に全く見なくなるのも辛い。

こんな思いを毎日しなくてはならないのなら………

そう、やっぱり保護しよう!

 

       全部スミノフのエゴです。

   

    せめて暖かい場所で逝かせてあげたい。と、

自分に言い訳をして、元夫を説得し、

いつもいる場所に貼紙をしました。

「この猫は状態が悪いようです。

病院に連れて行って保護したいと思います。

この猫について知っている方、

ご意見がある方は連絡をください。

よろしくお願い致します。電話番号」

 

        連絡はありませんでした。

 

  元夫の意見が正しいとわかっています。

しかし毎朝の、遺体を発見するかもしれないという緊張と、

いずれ猫はいなくなる、その時後悔しないのか?

という気持ちと、何が正しいとか正しくないとか

全くわからなくなりました。

そして今もまだわかりません。

 

    洗濯ネットを持って捕獲、そのまま動物病院です。

腎不全とひどい口内炎でした。ステロイドを打ってもらい、

なんとかごはんが食べられるようになりました。

10歳くらいかなと言われました。

看取りを覚悟で保護しましたが、

1年と10ヵ月ちかく一緒にいてくれました。

 

 

 

f:id:suminofv:20180722201654j:plain

 保護した翌日の写真  

猫はキレイ好きなので、家に入れるとすぐに

手足がキレイになります。

 

 

    大好きなえさやりさんとウェット担当さんと

おやつさんから引き離し、住み慣れた公園から

無理やり連れてきて申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、

一番大切にするからねという意味を込めて

「いち」と名付けました。

 

 

 

 

セミについて

スミノフ家は昨年の5月に今の場所に引っ越しました。

引っ越し前に散歩に行っていた近くの公園やいちがいた公園に

セミが沢山鳴いていました。

引っ越してから行く公園にもセミが沢山鳴いていますが、

昨日の夏には、今まで見た事の無いものをよく見かけました。

 

羽化の途中で命を落としたセミです。

初めて見ました。びっくりする程の数です。

多分一回の散歩で10匹くらい見たと思います。

 

今年は1匹見ましたがそれきりです。

一体昨年は何だったのでしょう?

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

ポチをお願い致します。

 

 

[http://
人気ブログランキング:title]