スミノフの 犬にロンド 猫にゴハン

スミノフ家のイヌネコヒト7人でお出迎え

ろくについて 3

こんにちは、スミノフです。

 

 

 

 

むぎとろくのつづきです。

 

f:id:suminofv:20180913205534j:plain

 

 

保護して3週間、スミノフが監視できる時間だけ一緒に過ごさせました。

ろくは(っていうか子猫は)、無邪気というか怖いもの知らずというか・・・。

 

f:id:suminofv:20180913205721j:plain

f:id:suminofv:20180913205840j:plain

 

f:id:suminofv:20180913205928j:plain

f:id:suminofv:20180913210018j:plain

f:id:suminofv:20180913210056j:plain

f:id:suminofv:20180913210152j:plain

f:id:suminofv:20180913210253j:plain

 

 

そして怒ったむぎに追い詰められ

 

f:id:suminofv:20180913210655j:plain

 

 

そしてまた襲う。

 

f:id:suminofv:20180913210847j:plain

f:id:suminofv:20180913210929j:plain

f:id:suminofv:20180913211051j:plain

f:id:suminofv:20180913211146j:plain

 

 

 

 ほとんどの時間を一人ぼっちで過ごしているろくは、むぎと一緒の時間が楽しくてしょうがないようでした。

 

一方むぎはなんでひっぱたかれたり、飛び掛かられるのかがわかりません。

 

もともとパパとスミノフとごはんにしか興味のないむぎ。

 

パパやスミノフがろくの世話に時間を掛けている事や、ろくだけ何度もごはんをもらう事が気に入らない上に、ろくからチョッカイを出されているのに、ろくを威嚇するとパパやスミノフに怒られる。

 

 

むぎはむぎでいじけて3日間くらい別室へ閉じこもったこともあります。次第にろくを避けるというか、いないものとしてあつかうようのなりました。

 

 

子猫のろくはそんなむぎの機微など気付くはずもなく、大好きなむぎにくっついていきます。むぎは無視するか追っ払うかです。

 

f:id:suminofv:20180913213143j:plain

 

避けられていることはわかるろくですが、何故避けられているのかはわかりません。

次第に正面から正々堂々と近寄って行くことはしなくなりました。

 

f:id:suminofv:20180913213518j:plain

 

 

 

むぎが寝ているときにそっと寄り添ったり、とてもいじましいろくです。

むぎは起きるとさっさと離れていきます。とてもさみしそうなろく。

 

 

 

f:id:suminofv:20180913214358j:plain

f:id:suminofv:20180913214453j:plain

f:id:suminofv:20180913215237j:plain

 

これが保護して2ヶ月と12日の時の写真です。

 

子猫なのに精神的なダメージは大きかったでしょう。

 

パパは一にも二にもむぎLOVE。

スミノフはイマイチねこの気持ちがわからない。

そう、今だからわかる二人の気持ちが、当時は全くわかりませんでした。

なのでどうして良いのかオロオロするばかり。

 

だんだんろくの性格が歪んでいきます。

 

f:id:suminofv:20180913215351j:plain

 

つづく

 

 

[http://にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村:title]

 

[http://
人気ブログランキング:title]