スミノフの 犬にロンド 猫にゴハン

スミノフ家のイヌネコヒト7人でお出迎え

母の話

こんにちは、スミノフです。

 

 

 

今日は母との思い出話しです。

 

 

スミノフには兄が1人います。

3歳上のとても優しい兄です。

 

 

子供の頃のおやつの時、例えばホールのケーキの様に、母が切り分けるものについて、スミノフはいつも最初に選ばせてもらっていました。

 

母は兄にも選ばせようとするのですが、兄はスミノフ

その権利をいつも譲ってくれるのです。

 

 

ある日いつものようにスミノフが最初にこれ、と選んで、

次に兄が選んだとき、スミノフはやっぱりそっちがいいと、

言いました。実はどっちにしようかかなり迷っていたのでした。

 

 

母はそんなスミノフを見て、寂しそうな微笑みを浮かべ、

自分の体験談を話し始めました。

 

 

 

母は昭和8年生まれ、小学生時代の殆どが戦争と重なります。

 

食べものがない時代、たまたまどこかから飴玉をひとつ入手できました。

 

 

母の母、私にとっては祖母ですが、一つの飴玉を自分の歯で割って、それぞれの兄弟姉妹の口にぽんぽんぽんと入れてくれたそうです。母の兄弟姉妹は母を入れて5人。決して大きなかけらを貰えたわけではありません。

 

 

それでも、お互い見せ合いっこして、だれそれが大きいだの小さいだの言ったことは一回もない。

 

今あなた達には毎日おやつをあげてるのに、なんでいつもさもしいマネをするの?

 

 

 

 

まぁ、お説教ですね。

 

 

この話とは全く状況が違うのですが、

こんな時はいつもこの話を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゅーるがやって来た!の図

 

f:id:suminofv:20181008050659j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お母さん、事あるごとにあなたの言葉が蘇ります。

お母さんにとってスミノフはニャンズ、お兄ちゃんははちだったのですか?

(意味不明)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:suminofv:20181007163159j:plain

 

懐かしいお母さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、母は健在です。

今85歳ですが、スマホデビューしまして、

フリック入力の練習をしているようです。

 

なんで(今更)スマホにしたの?と聞いたところ、

今なら安く機種変更出来るというのでショップに行ったら

スマホを推められたとの事。

auさん、そんなんでいいんですか?

 

 

 

母にはこのブログを教えていません。

多頭飼育を心配している母には、

ウチにいるのは犬1匹と猫3匹だけだよーと伝えてあるので

猫が5匹とバレたら物凄く怒られ、

長ーい説教が待っています。

52歳になっても母が怖いスミノフです。

 

 

 

なので、てっちゃん、はるちゃん、じゅんちゃん、

おばあちゃんには秘密だよー(業務連絡でした、すみません)。

 

 

[http://にほんブログ村 犬ブログ 犬猫 多頭飼いへ
にほんブログ村:title]

 

 

 

[http://
人気ブログランキング:title]